お知らせ

お知らせ

10月1日からインフルエンザワクチン接種の予約をwebで開始します。

2022年09月12日

当院のインフルエンザワクチン接種予約はwebもしくは直接受付での予約です。当院では小学生以上を対象としています。6歳から13歳未満の方:1回目4000円、2回目3000円。13歳以上4000円。web問診でインフルエンザワクチン予防接種問診表を当日に入力してください。予防接種がスムーズに受けれます。2回打ちが必要な方は2回目の予約を1回目の接種後に2-4週空けてご自身でお取りください。1回目の受診が終わらないと2回目が予約できないようになっています。1回目受診時に2回目の予約を受付でとると確実に予約がとれます。東近江市民で65歳以上の方や障害があり公費が適応される方は、当院で直接専用の問診表を用意していますので受付で記載してください。東近江市民以外の方は、問診表をお住いの市町村から取り寄せて頂き持参して問診表に記入してください。

自費インフルエンザワクチン:1回目 4000円、2回目 3000円

東近江市は65歳以上高齢者公費インフルエンザワクチン:2000円

★インフルエンザ予防接種と同時に診察希望の方は、インフルエンザ予防接種枠と一般外来診療枠を同時に予約してください。

アプリ予約について

2022年08月20日

web予約をアプリから予約した場合、予約がとれたことをお知らせしないため予約がとれているかどうか不安になって問い合わせするケースがあります。予約はとれていますので安心してください。

医療機関の受診前に、自身で検査された新型コロナ検査で陽性が確認できた方について

2022年08月06日

医療機関の受診前に、自身で検査された新型コロナPCR検査か新型コロナ抗原検査で陽性が確認できた方を医師の判断で受診時に再度の検査を行うことなく、本人が提示する検査結果を用いて確定診断を行って差し支えないとなりました。新型コロナPCR検査の場合、本人がわかる検査結果の用紙をスマートフォンなどを用いてアップロードして提示してください。新型コロナ抗原検査の場合、新型コロナ抗原検査の陽性結果であるキットと検査した人の本人確認のため身分が証明できる健康保険証や運転免許証などを一緒にスマートフォンなどを用いてアップロードして提示してください。提示できたかたは新型コロナ感染症と診断して対応します。

新型コロナ感染症の経口内服薬について

2022年07月30日

重症化リスクが高い陽性者に使用できるラゲブリオ(新型コロナ内服薬)について

ラゲブリオ®(一般名:モルヌピラビル)は新型コロナの治療飲み薬です。抗ウイルス剤で、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のRNAに取り込まれることにより、ウイルスの細胞内での増殖を阻害します。赤いカプセルで1回4カプセルで朝、夕の2回で5日間内服です。

ラゲブリオ®は他の薬剤との併用や食事に関する制限、腎機能や肝機能障害における用量の変更の必要のない薬です。
催奇形性が認められており、妊娠の可能性がある方や妊娠中の方は禁忌です。

「適応」は18才以上で以下の重症化リスクのある方が対象となります。
▽ 61歳以上
▽ 活動性のがん
▽ 慢性腎臓病(CKD)
▽ 慢性閉塞性肺疾患
▽ 肥満(BMI30kg/m2以上)
▽ 重篤な心疾患(心不全、冠動脈疾患又は心筋症)
▽ 糖尿病、ダウン症、脳神経疾患(多発性硬化症、ハンチントン病、重症筋無力症等)
▽ コントロール不良の HIV 感染症及び AIDS
▽ 肝硬変等の重度の肝臓疾患
▽ 臓器移植、骨髄移植、幹細胞移植後
主な副作用と発生率を見ると、下痢が1.7%、吐き気・ムカつき(悪心)が1.4%、めまいが1.0%。この他に1%未満の発生率でじんましん・湿疹、嘔吐、また頻度不明なものとして薬剤による中毒性湿疹があります。

論文では、上記リスクの高い人の中で試験が行われています。「プラセボ対照、ランダム化二重盲検試験にて、発症 5 日以内の治療開始でプラセボ群(699 名)の重症化が 68 名(9.7%)に対し、治療群(709 名)では 48名(6.8%)と、相対的リスクが 30%減少となった。また、死亡例は治療群で 1 名(0.1%)に対して、プラセボ群では 9 名(1.3%)と治療群で少なかった。有害事象の報告は、治療群で 216 名(30.4%)とプラセボ群で 231 名(33.0%)であった。」となっております。

胎児に影響が出るので妊婦や授乳中の人には使えず18歳以上の上記リスクの高い人に使えます。副作用は消化器症状が出ることがあるが重症化が30%減少し死亡率も1.3%から0.1%まで下がります。リスクの高い人でも軽症の場合、入院ができない状態に現在なっておりリスクが高く、ラゲブリオ投与の希望がある方は陽性と判断されれば投与しますのでweb問診で記載してください。

当院では、「かかりつけ医」機能を有する診療所として機能強化加算を算定しております。

2022年04月10日

「機能強化加算」のお知らせ
当院では、「かかりつけ医」機能を有する診療所として機能強化加算を算定しております。

〇健康診断の結果などの健康管理に係わる相談に応じます。
〇服薬管理のため、お薬手帳をご持参ください。
〇保険・福祉サービスの利用等に関する相談に応じます。
〇訪問診療を行っている患者様に対して、夜間・休日の問い合わせへの対応を行います。
〇必要に応じて、専門医・専門医療機関を紹介します。

web予約の操作について

2022年01月17日

患者向け予約システムマニュアル_vol1.1

web予約の操作についてわからなければ参考にしてください。

AGA処方薬 料金表

2021年08月23日

AGA診療を院内処方に変更します。
料金は以下の通りです。(診察料はかかりません。)

  • フィナステリド1㎎ 28錠 ジェネリック
    6000円(税込)
  • ザガーロ 0.5㎎ 30錠 ジェネリック
    7500円(税込)

ED診療とAGA診療を院内処方に変更します。料金表について

2021年08月23日

料金表(診察料はかかりません。)について

フィナステリド1㎎ 28錠 ジェネリック 6000円(税込)
ザガーロ 0.5㎎ 30錠 ジェネリック  7500円(税込)
バイアグラ錠 50mg 1錠 ジェネリック  1,300円(税込)
レビトラ錠 10mg 1錠 ジェネリック   1,400円(税込)
レビトラ錠 20mg 1錠 ジェネリック     1,800円(税込)
シアリス錠 10mg 1錠 ジェネリック   1,500円(税込)
シアリス錠 20mg 1錠 ジェネリック  1,600円(税込)

オンライン診療アプリ:CLINICS(クリニクス)

2021年08月23日

オンライン診療「クリニクス」

オンライン診療のためのアプリCLINICS(クリニクス)を導入しました。

2021年08月23日

CLINICS(クリニクス)というアプリを用いてオンライン診療が可能になりました。院長との対面診察後に許可を得た方がアプリを用いてオンライン診療が可能になります。主にED診療とAGA診療の方(薬も家まで配送します。)、睡眠時無呼吸でCPAP通院している方や検査結果の確認だけの方のために用います。また、非接触で保険証の確認とクレジット決済支払いができるため感染症外来での使用を行いますので感染症外来に関してご協力をお願いします。http://clinics.medley.life

12